CONSULTING ONE
内部統制強化のツボ 企業再生・企業価値向上のツボ 会社概要 水島正プロフィール インフォメーション 水島Blog

内部統制強化のツボ
 内部統制は現在「花盛り」で、多くの企業がいわゆるJ−SOX対応に悲鳴を上げています。これまでの議論は、ほとんどが、学者や会計士によるもので「あれもしなさい。これもしなさい」という内容です。問題を声高に叫び、危機をあおる論調が一般化されていることを危惧します。

 内部統制は何も難しいものではありません。内部監査と内部統制の実務の経験者として、内部統制への取り組み方をQ&A方式でご紹介します。

Q&A
Q:最近の金融商品取引法の内部統制強化を受けて多くの企業が対応にてんてこまいしているようですが?
A:皆さん、内部統制を何かとても大変に考えているのではないでしょうか。本当はとても簡単なものなんです。内部統制というのは英語のInternal Controlの訳語にすぎません。本来の意味は、組織の中で  必要なコントロールをする、ということです。何か大きな支出をする際には総務部に別途申請するとか、出張することを部長に承認してもらうとか、どこの誰もがやっていることなんです。ですからあわてる必要はありません。
Q:態勢を整備するにはどうすればよいのでしょうか?
A:まずはこれまで会計監査を担当してきた会計監査人とお話をするのが第一歩です。会計監査の作業はそもそも内部統制の有効性を確認してその結果を基に組み立てられているのです。ここ数年の会計監査の過程で、見つかった内部統制上の弱点を、会社に対して指摘してもらうことから始めましょう。次に、資金繰り表を手がかりに、計上されている数字が、なぜ計上されているのか。会社のどの作業がその数字に集約されているのか。数字は妥当なものなのか。財務経理の担当者だけでなく、営業担当者、製造担当者も交え一緒に考えてゆくことが大切です。資金繰り表を押さえれば、会社のほとんどの取引を確認することが可能になるのです。
Q:内部統制を整備すれば財務報告の信頼度は高まるのでしょうか?
A:軽度の事故は防ぐことが出来ます。しかしながら財務報告の信頼性を揺るがす大きな不正は経営者が内部統制ルールに従わないことから発生します。経営者の「オーバーライド」には内部統制は無力です。こうした点については別の方策を考える必要があります。


内部統制充実に向けてCONSULTING ONEで提供するサービス
01 内部統制態勢構築
01 ガバナンス態勢構築
01 リスクマネジメント(ERM)態勢構築
01 内部監査体制構築
01 内部監査態勢評価


| 内部統制強化のツボ | 企業再生・企業価値向上 | 会社概要 | 水島正プロフィール | インフォメーション | 水島正Blog | 問い合わせ |
copyright